比較

プロ野球をネットで見るならどこがベストかまるっと比較!

プロ野球ネット比較

この記事では、プロ野球をネットで見ることができるサービスの比較をして紹介をしています。

下記のように、どのサービスを利用してプロ野球をネットで見たいか悩んでいる人におすすめです。

  • 安くプロ野球を見ることができるサービスはどれだろう?
  • 無料期間が長いサービスはどこかな?
  • 試合数が多いところはどこかな?

といった疑問を持っている方に、ぜひ読んでいただきたいです。

さきに結論をざっくりと書きの表で紹介をしていきます。

項目 サービス名
月額料金が1番安いのは? 楽天TV
639円(年額5,093円)
無料体験が1番長いのは? プロ野球セット
(加入月は無料)
見逃し配信期間が長いのは? パリーグTV
(6年分の試合保存)
配信している球団が1番多いのは? プロ野球セット
(12球団全試合配信)
クライマックスシリーズの配信があるのは? プロ野球セット
(出場球団すべて配信)
視聴する方法が多いのは? 楽天TV
(4種類ある)
メジャーリーグの配信があるのは? DAZN
(年間750試合配信)

実際に自分も、利用しているプロ野球セットが比較してみた結果おすすめです!

ではどうして、このような結果になったんか具体的に紹介をしていきますね。

下記のような方は、プロ野球セットに加入をしてみてはどうでしょうか?

  • 好きな球団の全試合みれるようになりたい
  • とことんプロ野球を楽しみたい!
  • 綺麗な映像で試合をみたい!
読みたいところへジャンプ

\加入月は無料でプロ野球が全試合見れる/

プロ野球をネットで見れるサービスを7つの項目でまるっと比較!

プロ野球ネット比較内容

プロ野球をネットで見ることができるサービスを下記の7つの項目で比較をしてきます!

  1. 月額料金
  2. 無料体験
  3. 見逃し配信機能
  4. 配信している球団
  5. クライマックスシリーズの配信
  6. 視聴する方法
  7. メジャーリーグの配信

それぞれの項目で、プロ野球をネットで配信しているサービスを比較をしてきますね!

ではいってみよう!

月額料金で安いのはどこか比較をしてみた!

サービス名 月額料金
DAZN 1,750円
(ドコモは980円)
スカパー!プロ野球セット 4,054円(税込)
楽天TV
(ここが1番安い)
639円
(年額5,093円)
パリーグTV
  • パリーグのFC会員は950円
  • 通常1,450円(税別)
hulu 1,026円(税込)
Paravi 925円
JSPORTSオンデマンド 1,800円
(25歳以下は900円)

この表の中で、月額料金でもっとも安いのは楽天TVになります。

楽天TVは楽天が運営している映像配信コンテンツで、プロ野球の場合はパリーグの全主催試合を配信してくれます。

月額料金はもっとも安いですが、さらに年間契約をすることで月額料金が430円ほどに下げることができます。

パリーグの試合を主に見たいって方に楽天TVは、ぴったりのサービスです!

無料体験できる期間で比較をしてみた!

サービス名 無料期間日数
DAZN
(業界で最も長い)
他の方は1か月無料
ドコモユーザー31日間
スカパー!プロ野球セット
(再加入も対象)
加入月は無料
(再加入者も対象)
楽天TV 無料期間なし
パリーグTV 無料期間なし
hulu 2週間
Paravi 2週間
JSPORTSオンデマンド 無料期間なし

比較をしてみた結果、DAZNとプロ野球セットが特徴的となっています。

DAZNの場合は、ドコモユーザーとほかの端末を利用している方で無料期間の日数が若干ですがズレています。

プロ野球セットだけが加入月無料となっている。

ここで気を付けてほしいとの加入月無料の部分!

月初から加入をすれば一か月まるっと、無料で体験することができます。

ですが、中旬や下旬といった月末近くで加入をすると無料期間の日数が2週間よりも少なくなってしまいます。

(例)
5月18日にプロ野球セットに契約をすると5月31日無料期間が終了となる。

例にすると、上記のようになるので中旬以降にプロ野球セットに加入をしよう!と思っている方は注意してください。

DAZNと違うのは、プロ野球セットの場合は再加入して場合でも加入月は無料となるところです。

プロ野球の試合がない10月(CS出場なしの球団)~2月までは解約する人が多いです。

3月のオープン戦が始まるころに、自動的に再加入できるように解約時にチェックを入れます。

そうすると3月初めから加入月無料でプロ野球セットを利用できるので、かなりお得となっています!

見逃し配信機能があるかないかで比較をしてみた!

サービス名 見逃し配信機能
DAZN 試合があった日から30日間
スカパー!プロ野球セット 配信なし
楽天TV ライブ配信終了後、30分程度
パリーグTV
(ここが一番!)
6年前の試合まで配信している
hulu なし
Paravi シーズン中の試合のみ
JSPORTSオンデマンド 不明

見逃し配信機能で。もっとも多くの期間で試合を配信しているのはパリーグTVになります。

パリーグTVはパリーグの主催しているすべての試合を6年分、保存をしています。

6年分の試合となると、ものすごい保存量ですよね!

移籍や引退した選手が試合に出ているのを見るとファンはウルっときます。

  • 懐かしい試合
  • あの選手の引退試合

といった試合も、見ることができるので「あの試合をもう1回みたいな…」と思ったときはパリーグTVがイチオシです!

配信している球団の試合数で比較をしてみた!

サービス名 配信試合数
DAZN 広島以外の11球団
スカパー!プロ野球セット
(こちらが1番)
12球団のすべての試合
楽天TV パリーグ6球団
パリーグTV パリーグ6球団
hulu 巨人の主催試合
Paravi
  • ベイスターズの主催試合
  • TBSで放送する日本代表選
JSPORTSオンデマンド 中日・楽天・広島・オリックスの主催試合

すべての球団の試合を配信してくれているのは、自分も加入をしているスカパー!プロ野球セットです。

プロ野球セットは、セリーグ・パリーグ関係なく12球団試合開始5分前からヒーローインタビューまで完全生中継をしてくれます。

また、プロ野球ファンなら知る人ぞ知る、フジテレビONEで放送をしてくれるプロ野球ニュースもネットで見れちゃいます!

プロ野球セットに契約すると見れるチャンネル
  1. JSPORTS1,2,3
  2. スカイA
  3. GAORAスポーツ
  4. 日テレジータス
  5. スポーツライブ+
  6. TBSチャンネル2
  7. テレ朝チャンネル2
  8. フジテレビONE・TWO
  9. 日テレニュース24

プロ野球セットに加入をすると、この9つのチャンネルに同時に契約をされるようになっています。

とことんプロ野球を楽しみたいと思っている人は、スカパー!のプロ野球セットがイチオシです。

\プロ野球を全試合とことん見れる/

交流戦の配信試合数で比較はこちら

サービス名 交流戦の配信試合数
DAZN 広島の主催試合すべて
スカパー!プロ野球セット
(ここが1番)
全試合配信
楽天TV パリーグ主催のみ
パリーグTV パリーグ主催のみ
hulu 巨人の主催試合のみ
Paravi ベイスターズ主催試合のみ
JSPORTSオンデマンド
  • 楽天の主催試合
  • オリックスの主催試合
  • 広島の主催試合
  • 中日の主催試合

プロ野球で交流戦をもっとも、多く配信しているのはプロ野球セットになります。

交流戦だけ別のサービスに契約をしようと思っている方は、少ないですね。

リーグ戦の時から、プロ野球セットを加入をしていれば再契約することなく交流戦を見ることができるので大丈夫です。

日本シリーズの配信はしているところはあるの?

サービス名 日本シリーズの配信数
DAZN 配信なし
スカパー!プロ野球セット 配信なし
楽天TV 配信なし
パリーグTV 配信なし
hulu
(過去の配信あり)
巨人の主催試合のみ
Paravi
(可能性高い)
ベイスターズ進出したらある?
JSPORTSオンデマンド 配信なし

日本シリーズのネット配信については、どのサービスも不明の状態となっています。

日本シリーズの放映権はNPBとなっていて、そのほとんどが地上波で放送です。

ネット配信される可能性があるなら、Hulu(フールー)とParavi(パラビ)の2つだけになります。

  • Hulu:2019年の巨人が日本シリーズ進出したときに配信
  • Paravi:TBSが運営していてベイスターズの主催試合をすべて配信している

この2つの理由があるため、日本シリーズの配信に関しては進出する球団によって、変わってくるので都度、情報の発表を待つしかありませんね。

クライマックスシリーズの配信試合数で比較をしてみた!

サービス名 CS配信試合数
DAZN 広島以外の球団なら配信
(プレゼント付き)
スカパー!プロ野球セット
(ここが一番!)
全球団配信
楽天TV パリーグ側のみ配信
パリーグTV パリーグ側のみ配信
hulu 巨人の主催試合のみ
Paravi ベイスターズの主催試合のみ
JSPORTSオンデマンド 広島・中日・オリックスのCS主催試合

プロ野球セットは全球団のクライマックスシリーズを配信してくれます。

ですがDAZNの場合は、広島カープが主催するクライマックスシリーズだけ配信されません。

またDAZNは過去にCS出場したチームから、プレゼントキャンペーンしてくれたことがあります。

  • 選手のサイン付き色紙
  • 選手のサイト入り帽子

といった、クライマックスシリーズに進出する球団の有名選手のサイン入りグッズをプレゼントに応募できます!

DAZNで対応をしている球団が、クライマックスシリーズに進出したらチェックです!

視聴する方法で比較をしてみた!

サービス名 視聴できる端末
DAZN
(1番豊富)
スマホ・タブレット
パソコン
ゲーム機
スマートテレビ
スカパー!プロ野球セット スマホタブレット
パソコン
スマートテレビ
楽天TV テレビ
スマートフォン・タブレット
パソコン
ゲーム機
パリーグTV テレビ
スマホ・タブレット
パソコン
hulu パソコン
スマホ・タブレット
テレビ
Paravi テレビ
スマートフォン・タブレット
パソコン
JSPORTSオンデマンド パソコン
スマートフォン・タブレット

一番、視聴できる方法が多いのはDAZNと楽天TVになっています。

ネット回線を接続できれば、スマホやタブレットだけでなくゲーム機からもサービスを利用することが出来るのがすごいです!

また、専用の端末を購入することで、テレビにつなぐとスマートテレビとして視聴できるようになっています。

MLBの配信はあるのかないのか比較をしてみた!

サービス名 メジャーの配信
DAZN
(1番配信してる)
年間750試合以上
スカパー!プロ野球セット 日本人選手出場のみ
楽天TV 配信なし
パリーグTV 配信なし
hulu 配信なし
Paravi 配信なし
JSPORTSオンデマンド 配信なし

紹介しているサービスの中で、DAZNだけがメジャーリーグの配信を多くしています。

プロ野球セットの場合は、おもに日本人選手の出場する試合の一部だけ放送!

メジャーリーグの多くの試合を見たいと思って入いるなら、DAZNに契約をしたほうが良いですね。

プロ野球をネットで見たいならコレ!比較をしてみた結果を発表!

プロ野球ネットで見るならスカパー!
項目 サービス名
月額料金が1番安いのは? 楽天TV
639円(年額5,093円)
無料体験が1番長いのは? プロ野球セット
(加入月は無料)
見逃し配信期間が長いのは? パリーグTV
(6年分の試合保存)
配信している球団が1番多いのは? プロ野球セット
(12球団全試合配信)
クライマックスシリーズの配信があるのは? プロ野球セット
(出場球団すべて配信)
視聴する方法が多いのは? 楽天TV
(4種類ある)
メジャーリーグの配信があるのは? DAZN
(年間650試合配信)

他の商品と比較をしてみた結果、無料体験期間や配信している試合数を見るとプロ野球セットがイチオシとなります。

自分もプロ野球セットにシーズン中は加入をしていますが、アプリがバージョンされたことによって使いやすさがアップされました!

アプリの利用はプロ野球セットに加入をしているのが条件
  • 見たい試合がワンタッチで見れる
  • 車の運転中でも音を流せる
  • 試合の映像が高画質

テレビで試合をみても良いですが、テレビが使えないときにネットで高画質の試合を見れるのは最高ですね!

あぷりりんく

プロ野球をネットで配信有名な2つのサービスのメリットとデメリットを比較する!

プロ野球セットとDAZN

プロ野球のネット配信コンテンツで、2強となっているのがプロ野球セットとDAZN!

それぞれ、似たようなサービスなので違いがわからないって方も結構いらっしゃいます。

てか、自分もそこまで違いを理解していません!なので、ここで解説をしていこう!

  • DAZNのメリット・デメリット
  • プロ野球セットのメリット・デメリット

この2つのサービスのメリットとデメリットをそれぞれ紹介していきます。

DAZNをおすすめしている理由は?メリットとデメリットで紹介!

メリット デメリット
価格が安い
スマホやPCで気軽に見れる
ネット環境さえあれば見れる
回線環境が悪いと映像が低画質になる

DAZNのメリット・デメリットをパッと表にしてみましたが、デメリットは回線環境によっては試合の映像が低画質になることです。

これは、ネット回線の問題なので仕方ないですが、自宅でwifi環境が整っていると低画質になることはほぼありません。

外出先で、利用しているなら電波が悪いところの場合はどのネットサービスも起こることだと思っています。

逆にネット回線の場合だと、天候の影響を受けずに試合を見ることができるので、大きなメリットだと思っています!

プロ野球セットをおすすめしている理由は?メリットとデメリットで紹介!

メリット デメリット
全試合見れる
画質が綺麗
解約してもまた加入月無料となる
天候によって映像が乱れる

プロ野球セットのメリットとデメリットはこのように分けられています。

プロ野球セットは衛星アンテナを使って電波を受信して、映像を流すため台風や落雷といった際に映像が乱れてしまいます。

自分が契約をしていておもったのは、8月や9月といったゲリラ豪雨が多い時期にこの現象にあたりやすいです。

それでも、衛星放送なのでネット回線を利用しているDAZNよりかは遅延もなく映像がすごくきれいとなっています。

これからは4K対応放送もしていくので、さらに高画質でプロ野球を楽しみたいならプロ野球セットに契約がイチオシです。

プロ野球をネット配信で比較した結果!あなたに合っているサービスはコレ!

プロ野球セットとDAZNはどっちが良いの?

自分がどのサービスを契約したほうが良いのか、もう一押ししてほしい!

といっ方に対してここでは、DAZNとプロ野球セットはどんな人に向いているサービスなのか紹介していきます。

この部分を最後の判断材料としてくれたらうれしいです!

DAZNを使ってプロ野球を見ている人はこんな人

  • できるだけ安い料金でプロ野球をみたい
  • スカパー!プロ野球セットに契約できない人
  • プロ野球だけでなくメジャーも見たい人

こういった方には、DAZNを契約をおすすめします。

無料期間はプロ野球セットより劣ってしまいますが月額料金の部分では遥かに安いです。

DAZN プロ野球セット
1,750円
(ドコモは980円)
4,054円(税込)

といったように安さを重視するなら、圧倒的にDAZNに契約をしたほうが良いです。

初めてDAZNに契約をする場合は、無料期間が1か月用意されています。

その点を考えると、やっぱりDAZNですね!

プロ野球セット使う人はこんな人!

  • 球団関係なく全試合みたい
  • ネットで高画質の試合を見たい人
  • 応援している球団の試合をすべて見たい

こういった方に、プロ野球セットの加入をおすすめしています!

プロ野球セットの最大の魅力は、セ・パのすべての試合をプレイボールからヒーローインタビューまで放送をしてくれること。

DAZNと比較をしてみても、一目瞭然です!

プロ野球セット DAZN
12球団すべての試合 広島以外の11球団

DAZNもそれなりに、配信試合数が多いですが広島カープの主催試合を配信してくれないのが痛いです。

まあ、広島カープの放映権利を持つテレビ局がいけないのですが…

  • シーズン後半の首位攻防戦
  • クライマックスシリーズの進出争い
  • あの選手の引退試合

といったように、応援している球団以外にも見ごたえがある試合はたくさんあります!

そういったときに、全試合見ることができるプロ野球セットは神っているサービスですね!

プロ野球をネットで見れるサービスを比較してみた!まとめ編!

以上がこの記事の内容となっています。ざっくりと結論を書いておくと!

  1. できるだけ金額を安く試合を多く見るなら:DAZN
  2. 金額を気にしないでプロ野球をとことん楽しむなら:プロ野球セット

この2つとなっています。ほかにも主催試合だけの放送をしているサービスもあります。

ですが、プロ野球のネット配信をしているサービスでこの2つが今は有名となっているでしょう!

自分は趣味に対しては、金額を気にしないのでプロ野球セットに加入をしています。

下記のような方は利用されてみてはどうでしょうか?

  • プロ野球をとことん楽しみたい人
  • 他球団の試合もチェックをしている人
  • 応援している球団の全試合見たい人

このような方に、プロ野球セットをイチオシしています。

またシーズン終了後に解約をしても、開幕前に自動加入をしておくと加入月無料が再び適用されてお得です!

\シーズン後に解約しても、開幕前に再入会すると加入月は無料/